スムーズな仕訳が望める記帳代行サービスは経営の手助けになる

パソコンと女性社員

簡単な仕訳による経費計上は記帳代行サービスを利用しよう!

スーツの男性

毎月膨大な仕訳起票を行うという場合、どんなにIT化が進んでいるとしても簿記知識のある社員が手入力することになります。入力作業は簡単な仕訳と複雑な仕訳のどちらでも時間的な差がありません。どちらかというと複雑な仕訳を起票するのに専念したいというのであれば、記帳代行サービスを導入してみませんか?
記帳代行サービスにも、仕訳起票に得意不得意があります。請求書を元に未払金として計上するといった仕訳は得意ですが、経費を各部門に振り替えるといった複雑な入力は不得意です。つまり、得意な仕訳起票を記帳代行サービスにアウトソーシングすることで、自社にといっては仕訳の入力作業だけでも効率化できます。また、記帳代行サービスでも独自の仕訳システムを開発している場合、1仕訳のコストが安い上、納期もスピードのあるもにになります。手作業で仕訳入力を行っている記帳代行サービスの場合、1仕訳が70円や100円といったこともあります。そのため、記帳代行サービスは簡単な仕訳ほど自社で起票するよりも安くなるかを見極めるのもポイントです。一方、自動化が進んでいる場合、膨大な請求書の仕訳入力が短時間で済むだけでなく、ベテランスタッフが最終的に目視確認でエラーチェックも行います。まずは、記帳代行サービスは業者の特徴とコストを比較し、簡単なものを大量にアウトソーシングしましょう。

Recent Entry

TOP